トップページ >  BLOG >  ウクレレ教室なのにウクレレ教室じゃない?ガズレレ

GAZZLELE

ブログ

2016/01/24

ウクレレ教室なのにウクレレ教室じゃない?ガズレレ

ウクレレ教室なのにウクレレ教室ではないのがウクレレ教室ガズレレ。
??どういうこと? それは「音楽のある生活」を送るために、一番簡単で、一番小さくて、歌が歌える楽器「ウクレレ」を使って音楽を始めまよう。 ウクレレ教室ガズレレは、一番簡単で小さなウクレレを”道具”として使っている、音楽教室であり、豊かな毎日を送るための教室でもあるのです。 音楽と言ってもクラシックやジャズやラテンやロックやいろいろありますが、私が思うところの「音楽」というのは実はもっと単純で「歌う」ということです。 キッズや幼児を見てください。どんな子であろうとも大きな声で歌い、身体をゆすってリズムをとりノリノリにダンスしています。 つまり「歌う」ことはもともと備わっている本能。 「自分一人で豊かで幸せを実感できる本能」 でも大人になる過程でそれらを止めてしまいました。 でもでも心の中では、歌いたい!それを、そっと閉じ込めて、そうして大人になってきた。 「私は歌はダメだ~苦手」という人も幼児の頃は大声で歌っていたのです。 そろそろ、それを自分で認識して、自分が閉じ込めてしまった「歌う」という本能に向き合ってみようー だって「自分一人で豊かで幸せを実感できる本能」なんですから、それはきっと、楽しいはずです。 一言に「歌」と言っても演歌アニメソングJポップ懐メロ洋楽もうなんでも自分が大好きな歌でいいのですから。 そして今からあなたがもう一度始める音楽には上手いとか下手とかそういった評価はありません。 幼児が大声で歌う歌、フイに出た自分の鼻歌、そういうものは誰かの評価を求めて歌ってるわけではないのと同じことです。 では、いまから「歌」を歌うための道具として選ぶなら何か良いか?? 楽器と言えばピアノやギターが思い浮かびます、素晴らしい楽器です。が、今から始めるには難易度が高く「歌う」どころではなくなってしまうかも。 口がふさがってしまう楽器やメロディーだけの楽器も「歌う」という点では。。。 そこで、一番簡単で、一番小さくて、歌が歌える楽器「ウクレレ」を使って「音楽=歌」を始めましょう。でもしっかり奥は深くて、完成された楽器ウクレレで。 あと、 プロアマ問わず、皆様の周りにもたくさんのシンガーやミュージシャンやバンドマン、ギタリスト、ピアニストがいらっしゃるのではないでしょうか?彼らは夢中で楽しんでいるように見えます。 彼らは「自分の音楽を聴いてほしい!」という活動をしているかもしれませんが、その根底にあるのは「歌ったり音楽を奏でたり、創り出すのは最高!」ということ。だから人生を音楽に捧げている。 ミュージシャンだけがよ~~く知っている「歌ったり音楽を奏でたり、創り出すのは最高!」という感覚。 彼らが独り占め?!していたこの感覚。  私もミュージシャンですが、これ、最高なんです! ウクレレ教室ガズレレは、この感覚をどんな人にでも味わってもらいたいのです! ガズレレなら習ったその日にそれが実感できます。 ありがとうございました。

記事一覧

最近の投稿

2019/08/18

わからないものって、怪しい

2019/08/17

ルールは守らないと!! ?

2019/08/16

同じもの見てるのに、全然違う

カテゴリ

ブログ検索

月別アーカイブ