トップページ >  BLOG >  ウクレレを始めたくなる7つの理由

GAZZLELE

ブログ

2015/09/29

ウクレレを始めたくなる7つの理由

ウクレレを始めたくなる7つの理由
私の知る限り世界最小で一番簡単、コードもメロディーも弾けて、歌うことができる楽器「ウクレレ」のスゴさをご紹介します。 ① フィアットFIAT500でフェラーリを追い抜いてしまうような感覚。 つまり物凄く小さくて可愛らしいのに、すごい力を秘めていて、必要最低限なのにスーパーカーにも負けないような感覚がウクレレにはあります。フェラーリで速いのは あ、た、り、ま、え。 ② 最高級ホテルのスイートルームより仲間同士のテント泊のほうが楽しい感覚。 100平米のだだっ広いセレブ空間に夫婦二人もいいものですが、気の合う仲間と狭~いテントでぎゅうぎゅうザコネするあの楽しい感覚がウクレレにはあります。 ③  フレンチのフルコースよりも家で食べるチキンラーメン生卵のせのほうが落ち着くという感覚。 最高にオシャレして最高のコース料理で徐々にお腹を満たしていくのもいいものですが、毎日の生活でぱぱっと気楽に、素早くおいしく、楽しくお腹を満たしてくれる。そして20年も修行を積まなくても誰でも今すぐにあの美味しさを作り出せて、お腹を満たすことができる、そんな手軽さがウクレレにはあります。 ④  BBQやキャンプにフォークギターを持ってくる人が現れた時にちょっと構えてしまうが、ウクレレがあると笑顔が集まる。 なぜでしょうか?キャンプやBBQの時によく知らない人がギターを持ってきた時に漂う、なんとも言えないあの感じ。ウクレレなら何故か気楽にノンキに混ざれて、一緒に弾き方を教わったり子供たちがワイワイ寄ってきて歌ったり、みんなが集まる笑顔の中心になれるのです。 ⑤  すごくオシャレだなーと思う人に、それどこの服ですか?と聞いたら「ユニクロで3枚1000円」と言われた感覚。 どんなに安くても、どんなに過小評価されていたとしても、その人がどう着こなして、どう生きて、どう使って、どうかっこいいのか?がむき出しになる。着飾らなくてもありのままの姿が美しく表現出来るような感覚がウクレレにはあります。 ⑥  一流の設計士と一流の大工さんが建てたお家も最高でしょうが、自分たちでDIYで仕事の合間にコツコツ何年もかけて家を改装したり建てたりする方が楽しそうだという感覚。 DTMパソコンやシンセサイザーや高級機材楽器を使った大掛かりな作曲音楽制作もいいものですが、「いい曲かどうか?」という点で見れば、ウクレレ一本で歌ってボイスメモに録音した曲と、大掛かりな機材を使った曲は、全く同じ土俵に立っており、対等に勝負できるという感覚。 ⑦  どんなに悪そうな人でもウクレレを持っているといい人に見られる。 私がハワイに行った時に向こうから体重180kg位のタトゥーだらけの人相の悪いどデカいロコボーイがノシノシ歩いてきまして「ゴツいなー」と、ふと手元を見ると小さなソプラノウクレレをむき出しで持っていて「あ、いい人だ!」と感じました。あなたの周りにいる怖そうな人がウクレレを弾いているところを想像してみてください。とんがってキツいイメージの女性がウクレレ弾いているところを想像してください。いかがですか?それもまたウクレレの不思議な魅力なんですよねー。 自分が好きな音楽をi-podやスマホで持ち歩くように、ウクレレを持ち歩いていれば好きな音楽がいつでもどこでも自分で歌える楽しめる!最高のモバイル楽器ウクレレ。 ウクレレはお笑い芸人が持つマヌケなものではなくて、今やこの時代に一番マッチする一番カッコよくてイケてるツールなのです。 さてもう、ウクレレをやらない理由がありませんね~簡単ウクレレ教室ガズレレでしたー。 ありがとうございました。

記事一覧

最近の投稿

2019/06/19

「切り取り」 の怖さ

2019/06/18

唯一生き残るのは、変化できる者である。

2019/06/17

ガズレレが目指す!めちゃでっかいビジョン大公開!

カテゴリ

ブログ検索

月別アーカイブ