トップページ >  BLOG >  ハワイに来て、思い出した「原点」

GAZZLELE

ブログ

2018/03/26

ハワイに来て、思い出した「原点」

ハワイに来て、思い出しこと         ホテルのビーチバーの生演奏で、思い出した。           ガズ家はハワイが好きで、もう何回も来てるんです。         で、僕らが大好きなのがホテルのビーチバーでの乾杯。         あんな最高のロケーションとサービスが、あんなに気楽に堪能できるなんて、もう、最高。         今回もその確認。           で、だいたいどこでも17時過ぎくらいになると生演奏が始まるんです。           これがまたかなりの腕前たちで、きっとちゃんとオーディデョンとかしているのでしょうけど、かっこいい。           ホテルにもよりますが、ハワイアンだったり、フラと一緒のステージだったり、洋楽の定番曲やヒット曲を忠実に再現したり、ハワイアンレゲエ風にアレンジしたり。           例えば「ホテルカリフォルニア」や「ピアノマン」を、かなーりラフに、レゲエバージョンで、とか、           なんか、ハワイののんびりした空気と、景色と、おいしいものと、音楽が、もう、相当いい感じ。             好きな曲が流れると一緒に歌ったり踊ったりダンスしたり、もうそれぞれが好き勝手に楽しんでる。           全然知らない人同士が、1つの音楽で、思いっきり「楽しい」を共有してる。               で、思い出した。                 その昔ガズはハワイのビーチバーで「あ、こういうことやりたいな」って、思った。           ガズはバンドマンで、ミュージシャンです。で、ミュージシャンって、こだわりあったんですよ。それこそアイデンティティー。                 こういうことです。           「ミュージシャンだったら、誰かのヒット曲を演奏して、おこづかい稼いでないで、自分のオリジナル曲で勝負しなきゃ!」って、まあ、そんなようなこと。あの頃は、堅苦しくて、決めつけていること多かった。           ずーーっとそう思ってきてて、ハワイが好きになって、ビーチバーでそういうライブを見ていたら、そういうことが、どうでもよくなってきたんです。             そこでは、「誰が」演奏しているか?ではなくて、その曲をただ気持ちよく聴いてる自分がいた。                     つまりこうです。           ガズがふらっとステージに現れて、もちろん誰一人ガズのことは知らなくて、みんなが知っている世界の定番曲をビーチに合うようにアレンジして演奏する。           それをビーチバーで楽しんでいる満員のリゾートのお客さんが、海と、風と、美味しいものと、大好きな人との特別で最高な時間を、その音楽と一緒に、過ごす。           つまり、その演奏者は、自分が放つ音楽で、そこにいるお客さんの最高の思い出作りの、お手伝いをしてる。             HAPPYを生み出してる。                   こういうことを、日本でやってみたいなーって思って、そして、バンド一筋だったガズは、アコースティックギターを真面目に始めた。           ギターたった1本で、世界中の定番洋楽をカッコよくカバーする活動に、入ったんです。           その頃に病気になったから、入院してても、何かこう、音楽に夢中になってた。           その時にYouTubeを始めたんです。これが、ガズレレYouTubeの、原点。           アコギで世界中の定番洋楽を練習して、Youtubeに上げていこうと思ったら、           あれれ??バンドの時の大声で歌うのと、全然ーーー全く、歌の感覚が、違かった。             自分が思うようにナチュラルに演奏できなくて、それはもう、寝ても覚めても、弾いてた。音楽してた。           その確認のために自分の演奏をパソコンでレコーディングするようになって、歌の技術も、家でのレコーディングの技術も、上達した。           それをやることで、自分のオリジナル曲もどんどん自然にできるようになってきた。           バンドの時と違う部分で、音楽全体、いろんなことが、伸びてきた。                     バンドマンって、自分のバンドのことばっかり考えているので、実は、あんまり、人の曲を演奏すること=そういったような世界中の定番洋楽をカッコよくカバーしたりするの、苦手なんです。ていうかガズはできなかった。           それにバンドって分業制じゃないですか?ボーカルは歌、ベースは低音、ギターはギター、ドラムはリズム。それぞれ専門職。           でも、ミュージシャンだったら、本当は、音楽の一部ではなくて、全体の感覚も持っていたい。                 例えば、友人の家にアコースティックギターがあったとして、なんか弾いてよって言われても、自分のバンドの曲しか弾けないってこと。           で、なんか、バツが悪いから「ミュージシャンだったら、誰かのヒット曲を演奏してないで、自分のオリジナル曲で勝負しなきゃ!」って、なっちゃっう、、、。               あ、これさっき出てきたアイデンティティーだ。           でも、友人に自慢するために、そういうこと始めるのも、違うなって、思ってた。                     で、ハワイに来て、これだっ!!!って思った。「誰かの最高の思い出」のためにやったらいいんじゃん!って。           だから、誰かの曲をカバーすることに対しての違和感は、なくなっていって、今のガズレレの活動に結びついてるんですよ。           なぜなら自分の演奏が「誰かの喜び」のお役に立ってるんだなって思うから。           で、実は、東京でも、バーなどでこういう活動をし始めたんですが、どうも、やっぱり、ハワイみたいなムードにならなくて、どうしようかなって時に、、、           「ウクレレ弾きたいので教えてくれませんか?」って言葉から、ウクレレに持ち替えて、教えてみて、やってみた。           で、ウクレレ1本でいろんな曲弾いたら、自分でもびっくりするくらい、ぴったりはまった。               あんな小さなウクレレ、たった1本で「音楽全体の表現」ができるんだって、わかった。               今までアコギでやってきたことが今度はウクレレで、大いに役立った。           それで、びっくりすることに自分のこの演奏が、多くの皆さんのお役に立てるんだーってわかった。           次の練習までにこれ覚えておいてねってあのYouTubeにアップしていった。           これがガズレレの始まり。         ガズレレYouTube完全ガイド! http://www.gazzlele.com/youtube               音楽を聴くのは最高だけど、やるのはもっと最高ー!               だからガズレレのルーツは、このハワイのビーチバーでの、名も知らないミュージシャンの生演奏ってことになるんだなーー。             自分の音楽とか、ミュージシャンだとか、そういうこだわり・決めつけを外してくれた、このハワイに感謝。           自分のミュージックが、誰かの人生を豊かにするお役に立てるなんて、これ、最高なんです。           そして、皆さんも、ウクレレを誰かに教えることで、誰かの人生を豊かにすることだって、きっとできますよ。           どんどん増えてるってことは、きっと、そういうこと。             音楽って、ほんと、すごいや。               ありがとうございます。               ガズレレホームページ http://www.gazzlele.com/           ハワイ珍道中「ガズトーク」にアップしてます!   その1はこちら〜見てね&チャンネル登録お願いしますー!     ガズさんぽ in ハワイ レポートその2  

記事一覧

最近の投稿

2019/03/25

犬の散歩とウクレレと桜

2019/03/24

映画「マンマ・ミーア」を見て感動。

2019/03/23

ダメならダメなままでどんどんやろー

カテゴリ

ブログ検索

月別アーカイブ