トップページ >  BLOG >  ウクレレ1本で歌うということ

GAZZLELE

ブログ

2017/09/11

ウクレレ1本で歌うということ

ウクレレ1本で歌うということ (ウクレレって、歌が歌える最小楽器なんです)               サザンオールスターズでも、ビートルズでも、ミスチルでも、ドリカムでも、グレイでも、オザケンでも、斉藤和義でも、コブクロでも、、、           名曲が出来上がる最初の一歩は、たとえバンドであろうと、誰かたった一人の「作曲者」の頭の中にあるその曲を、外に引っ張り出すところから始まっていくんです。           最初に頭の中から、その音楽を引っ張り出す時にはアコースティックギターやピアノなんかで、きっと、演奏してみる。           そして、その曲にどんどんアレンジを加えて、ベースを加え、ドラムを加え、どんどんその曲を磨いていって、作者の頭の中の世界に近づけてゆく。           そうやって、たった一人の「作曲者」の頭の中にあった曲が、いろいろな力を借りて、最高の形になったものを、私たちは作品として聴いているわけです。             音楽の達人たちが、その曲の「最高の形」を、私たちに見せてくれているわけです。                 私はガズレレをやってきて、おもしろい発見をしました。         どんな名曲でも、どんどんウクレレたった1本で「歌中心」でYouTubeレッスン動画を撮っていたら、これからの楽しい音楽の形が、わかってきました。             今、私が最も興味あるのは           作者の頭の中から、最初にその音楽を引っ張り出した時の、その曲の生まれたての、丸出しの、全然飾ってない、ありのままの姿。           そこが一番聴いてみたいし、そここそが、これからの音楽にとって、もっと必要なところではないかと思うのです。           これ以上そぎ落とせない、ピュアで、シンプルな、その曲の本来の姿を聴いてみたい。                 そこでウクレレ。               ウクレレって、歌が歌える最小楽器なんです。         歌が歌える楽器でウクレレ以上小さな楽器は、ありません。         その最小楽器であるウクレレで、これ以上そぎ落とせない、ピュアで、シンプルな、その曲の本当の姿を奏でるという豊かさ。         もう片っぽの方の、何も飾らない方の、最高の音楽の形。               ウクレレはアコースティックギターやピアノよりも、まるっきり、ぜーんぜん音量も迫力もありません。           だから、ウクレレで演奏するには、歌がその音楽の「ど真ん中」その後ろでウクレレコードとリズムが支える。           ミニマル音楽。           ミニマルとは必要最小限での豊かさみたい感じのこと http://minimal-hagakure.com/minimum-v-minimal/           ウクレレミニマルライフ                     音楽の達人たちが考え抜いた、さまざまなアレンジが加えられた「あの曲」はサイコーー!         でも、ウクレレ1本でこれ以上そぎ落とせない、ピュアで、シンプルな「あの曲」も、同じくらいサイコーー!                       キャベツがあります。           ロールキャベツって美味しい。手間と時間をかけてお肉を巻いて、たくさんのスパイスやなんかで煮込んで、崩れないように気をつけて、最高の形で食卓にのぼります。           でもキャベツの美味しさって、ぺらっとはがして、そのまま食べてみたら、甘くって、味が濃くて、塩も何も付けなくたって、かなり美味しい。         ロールキャベツも最高だけど、ぺらっとはがしてそのまま食べるのも最高!           音楽も、これと同じようなことが、あるのです。                     ではみなさんイメージしてください。           あなたが大好きな曲を、そのアーティストがウクレレ1本でたった一人で弾き語りしてるのを聴いて見たくないですか?         20人のバンドメンバーで、お腹に響く大迫力の音響で、大スペクタクルな演奏も見たいけど、         たった一人で最小楽器ウクレレで、むき出しの、生まれたての姿の、その曲の演奏も面白そうじゃないです?             なんか、ロマンを感じます。                     そして、そのロマン感じることを、私たちは、今、やっているんですよね。           ウクレレで演奏するには、歌がその音楽の「ど真ん中」その後ろでウクレレコードとリズムが支える。           その曲は歌う人によって、様々な表情を見せてくれる。           まさに簡単ウクレレ教室ガズレレで音楽を始めた方々が、今やっていることって、私は最先端な感じがするのです。           その曲の、むき出しの、これ以上そぎ落とせない、ピュアで、シンプルな、その曲の本当の姿を、最小楽器ウクレレで、それぞれの個性をむき出しにして、今、奏でているんですもん。             サイコーーーーですよ。             ウクレレは奥は深いけど、始めるときに一番簡単でラクな楽器だから、初心者さんには最も向いています。         それと同時に、ウクレレは歌が歌える最小楽器という、ものすごい一面も持ってた。         これ以上そぎ落とせない、そういう美学も、同時に楽しんじゃっていたわけです。                 さらに!         たった一人で、やっている最小楽器ウクレレで、それぞれの個性むき出しの、生まれたての姿の、その曲の演奏を、なんと、みんなでやる!100人でやる!千人でやる!         全然違う個性どうしが、集まって、一つの曲を大合唱する。         アコースティックギターやピアノよりも、まるっきり、ぜーんぜん音量も迫力もないウクレレだけど、100人集まったら、まったく新しい意味で「ど迫力!」         だから、今までなかった、最新で新しい音楽の形が、見えてくる!         最小音楽と、むき出しの個性が集まって、最大の迫力を奏でる新感覚。         最小のウクレレで、最大の音楽を         行きましょうか武道家で全員で大合唱ガズレレとか!!(妄想) https://ameblo.jp/gazzlele/entry-12307841763.html                   やっぱりこれも、人生と同じかな。音楽と人生は同じ。         ビシッと決めてドレスアップして、美味しいもの食べて、豪華に過ごすのも最高!         でも、毎日のなんでもない味噌汁とご飯の日常の姿だって、同じくらい最高!           特別でスペシャルなとっておきの1日と、なんでもない当たり前の毎日が、同じくらい大切でサイコーだったんだ!         そういうことに、気がつけるかどうか?みたいなことにつながってくるような気がします。               ウクレレ1本で歌うということは、実は、こんなにロマンがあって、素晴らしいことだったんです!                   あ!   Amazon.co.jp で昨夜より販売再開しました 「ガズレレ歌本 Vol.1」   http://amzn.asia/hRXVnfd   なんと Amazon「音楽」カテゴリーで、堂々1位 獲得いたしました!               ありがとうございます。             ガズレレホームページ http://www.gazzlele.com/           最新イベント情報はここ! https://ameblo.jp/gazzlele/entry-12308475890.html       日々のガズレレ情報はここ! https://www.gazzlele.com/lesson           ガズレレYouTube完全ガイド! https://www.gazzlele.com/youtube       全国にある「勝手にガズレレ」ご紹介ページ https://www.gazzlele.com/katteni       久保田ガズ誠 FACEBOOK お気軽に友達申請してくださいー https://www.facebook.com/makoto.kubota.547    

記事一覧

最近の投稿

2019/04/24

やっぱり 喜んでもらいたい!

2019/04/23

能登半島「珠洲」に行った!ガズレレで町おこし妄想!?

2019/04/22

笑顔のある毎日は 自分から?

カテゴリ

ブログ検索

月別アーカイブ