トップページ >  BLOG >  お腹が空いて、ご飯を食べて、お腹いっぱいになる

GAZZLELE

ブログ

2015/04/29

お腹が空いて、ご飯を食べて、お腹いっぱいになる

一見したら矛盾しているようなことを、このブログに書いていると思われているかもしれません。
  ときには、   やりたいことがあればやるべきさ!過去に縛られていたら新たな人生は歩めないよ!   そして、ときには   今当たり前にあることに感謝しなきゃダメだ!足るを知るということを思い出そうー!   やりたいことはやるべきだという感覚は、まだ見ぬ景色を見るために「未来を考える」こと。欲張ること。夢見ること。   欲張らないと欲しいものは手に入りません。想造しないと何も形にはなりません。   愛する妻と結婚できたのも、音楽をやっているのも、楽しい事するのも、愉快な仲間に囲まれているのも、この感覚があったからこそです。   子どもが育っていく過程で言葉を話し、体を動かし、成長するのと同じように、ああなりたい、あそこに行きたいというような推進力。   足るを知るという感覚とは、今ここに居られることがありがたい、生きているだけでありがたい   ここにいらるだけでありがたい、という「感謝する」ということ。欲張らないこと。もう十分あるんだと知ること。   そして、過去に願ったことが叶ったと実感すること。確認すること。   どれだけ大食漢の食いしん坊さんでも、ご飯を食べ続けていたら、いずれはお腹いっぱいになります。   「あーもうお腹いっぱい!ごちそうさま」と言って食べるのをやめます。   この満腹中枢が作動しなければ、どうなってしまうでしょうか?   しかし、あれだけ満腹だったのにしばらくすると、またいつものようにお腹が空きます。   「あーお腹すいた」と「あーお腹いっぱい」の関係性のようなものだと思います。   「お腹すいた!」だけでは食べて食べて食べ続けて、どうなってしまうのでしょう?   「生きているだけでありがたい」という感覚だけではご飯も食べずに、、、   アクセルとブレーキ   作曲とライブ   新たな出会いと気心知れた仲間   どちらも片方だけでは全くもってダメだということ。   表裏一体。二つで一つであるようなことだと思います。   そして、私たちは普段生活している中で、いつもいつも同じ考えを持っているものなのでしょうか?   よく言われていることではありますが、人間の細胞は3ヶ月で総とっかえしているということ。   いつも同じ自分でいるように思っても、日々自分は変わっています。   1年前の自分の細胞は、いま一つもないのです。   今ある細胞が役目を終え排出され、新しい細胞が日々作られる。   ランチ前にすごくお腹が減っていた時の気分と、晩ご飯に大盛カレーライスを食べた直後は違う感覚です。   新しいことを始めてワクワクとビクビクが混ざり合っている時と、15年間も同じお仕事をしている最中の感覚は一緒ではありません。   去年ハワイに行って色々考えた時の自分と、今自宅にいる自分は違う考え方をしています。   このように、人には一貫性があるということさえ、よくわからないものだと感じます。   現に、10年前の自分が、現在の私を見たら、なにがどうなってそうなったのか確実に理解できないでしょう。   その時の自分の常識が、現在の自分の常識と違うからです。   つまり、変わらなく一貫性があると思っている自分の常識は、その時その時で変わっているということです。   それに気がつかずに、今はそう思っていないのに、以前に自分が言ったことに振り回されていると、またオカシナことになりそうな気もします。   ということは、   ときには、   やりたいことがあればやるべきさ!過去に縛られていたら新たな人生は歩めないよ!   そして、ときには   今当たり前にあることに感謝しなきゃダメだ!足るを知るということを思い出そうー!   と、その日その日、その時に思うがままにしていればいいのではないかと思います。   ありがとうございました。

記事一覧

最近の投稿

2020/09/20

ガズレレYouTubeチャンネル登録者様13万名突破!

2020/09/19

進化するもの 進化しないもの

2020/09/18

日常と、非日常、行ったり来たり

カテゴリ

ブログ検索

月別アーカイブ