トップページ >  BLOG >  あるく

GAZZLELE

ブログ

2014/11/16

あるく

すっかり秋も深まって来てキリッとした空気に変わってきました。
  夏のうだるような暑さではなかなか出来なかったウォーキングをモリモリやっています。   病気になって治療過程での放射線の影響?か、汗を出す汗腺が無くなってしまっていまして   胸と顔と頭にしか汗がかけず   夏に運動すると熱が逃げなくて熱中症のようになってしまうので   秋になると待ってましたとばかりに活動開始です。   元気玉を作ったり、身体の基本的性能、基礎代謝を上げるのは   歩くのが良いと言われているという事もありますが   とにかく気持ちがいいのです。   家のすぐ裏にでっかい公園があるので恵まれています   大雑把に一周すると30分ちょっと。   2周すれば1時間です。   以前は東急田園都市線の二子新地に住んでいまして   目の前に多摩川が優雅に流れている開放感溢れる堤防を   毎日やはりウォーキングしていました   公園も堤防もどちらも信号も無ければクルマの心配すらいらない場所です。   ひたすら歩く事に専念出来て、まさにノンストップで歩く事が出来る   そうすると面白い事に歩き出して30分くらいはただ歩いているだけなんですが   40分過ぎ位から脳みそがグルグル回転しだし   そこからは身体と頭がフル稼働   いろんなアイデアや思いつきが出てきます   体温も上がって気持ちも良くなってきます。   皆さんも日々お仕事やレジャーで歩いているとはいえ   ノンストップで1時間歩くというのは相当意識しないと出来ないのではないでしょうか?   僕の場合は音楽さえも聴いていません。   ただ”無”でひたすらあるく。   瞑想状態です。   走るのはなかなか出来ないと思いますが   歩くのなら出来ますよ。皆さんもいかがでしょうか?   僕の周りでジョッギングやマラソン好きな方が大勢いますが   きっとこういう気持ちの良さなんだろうなあ。   自分の足で動いて気持ちのいい脳内物質が溢れ出して   生きる実感をする「楽しいな」と。   モノでは埋まらない穴は歩けば埋まる。   共同作業でもチームワークでもないし   道具もいらないし駆け引きもなし勝ち負け無しお金かからない   本当に自分の身体一つでこんなに気分がいいのは凄い事です。   白血病治療中に入院生活が長引いていた僕はベッドでいつも外を眺めながら   歩きたいなあーと思っていました。   入院中に暇だけはたっぷりあるので「あるく」という曲を作りました。   Sound Cloudという無料で曲が聴けサイトに上げていますので是非お聴きください。 https://soundcloud.com/gazz69/ttvvseii3udv   そして今日も愛するハニーと歩いてきました。   紅葉する木々を眺めながら   あるく事が出来る。当たり前に感謝ですね。   ありがとうございます。

記事一覧

最近の投稿

2020/08/12

ライブ配信が、面白い。これからインスタライブしますー!

2020/08/11

「勝つか負けるか」ではないようです

2020/08/10

できないことができるようになる

カテゴリ

ブログ検索

月別アーカイブ