トップページ >  BLOG >  若者とワクワクと無気力

GAZZLELE

ブログ

2014/10/18

若者とワクワクと無気力

最近の若者はどーのこーの…なんて良く耳にしますよね?
  どこかの本に書いてあったのですが   それこそ太古の昔の象形文字的なものがどこかの遺跡にあって   考古学者が解読したらまさに「最近の若者はなってない」的な事が記されていたと。   つまりいつの時代もそんなような事言われているようです。   僕の父の世代も、僕も、ホントに最近の若者も実は同じ経験してたりする訳です。   そのホントの若者と飲みにいきました。   R君です。彼は二十歳になったばかり!   「おーじゃあお酒飲みにいこう~大人誕生会だ!」   というわけで居酒屋へ行き乾杯!   もう一人ゲストは68歳のお友達のNさん。。   ところでR君は何になりたいの?何かやりたいことあるの?   R君「えーと何にもなりたいものやりたいことが無いんですよ」   現代の無気力やる気無し世代。   いやこれはバカにしている訳ではないのですが、よく言われている事だと思います。   いろいろ提案してみます。   ちなみに彼はちゃんと仕事についていません。   こういうときだからこそまずは車の免許取りなよー身分証明にもなるし若いうちじゃないと取るの大変だよ   「、、、」   なんて会話?が続いたりしてて   Nさんや僕はそんな彼が心配なんです。   まあ僕の十代後半からなんてバンド三昧で   二十歳までに世界デビュー出来なければ俺は終わったぜ!   的な。   将来がキラキラ輝いててまぶしかった時代。だって一応バブルッ子ですからね。   Nさん世代はもっとでしょう。   東京オリンピックからテレビ、洗濯機、マイカー、お子さん二人に、そしてマイホーム   高度経済成長ど真ん中の日本がグングン上っていくのを直に体感された世代です   ところでR君世代   将来が見えにくいなあと…。   生まれた時から周りに全部あるのです。テレビだってゲームだってある。彼には二人兄ちゃんがいるのでもうだいたいある。   女の子との出会いや付き合うのもわずらわしい、面倒てな感じなんすよ!?   考えられないなー。。。   なんだかんだ飲んでいくうちに海外の話に   Nさんは若かりし頃ドイツに留学していた体験談を聞かせてくれて   そして僕も海外にいっていろんな体験をしギャップを感じたり社会の違いに衝撃を受けたんだよー   するとR君あれ?興味津々に。   すかさずおじさん二人は   「ほらキタ!海外行く事をまずは目標にすればいいじゃん?」   今度はうんうんと悩んでいる様子で   まずはパスポートだねっ   R君はこの後どうするか?は彼次第ですけれど   僕が感じたのはワクワクしている人といると   凄い勢いで感染するのです!   最近の若いものは無気力だと   ならばワクワクしているところにいればワクワクしてくるんだから   無気力の中にいれば無気力になるんです。   楽しくてワクワクするのが当たり前の場所に自分を置いておくだけで
  ワクワクしてるコミュニティにいるだけで   簡単に無気力じゃなくなるんだな   と、思いました。   Nさんもいつもワクワクしてるからエネルギッシュで若いし面白いのです   なにより変な話、僕よりガキっぽいところとかあって、楽しんでいる。   すなわち僕もワクワクしてる仲間が友達が周りに沢山いてくれるから、囲まれているから   ワクワクしていられるのであると   芋焼酎ロックを舐めながら   感謝しておりました。   みなさまありがとうございます!

記事一覧

最近の投稿

2021/06/20

【販売&予約再開】ウスレレにコンサートサイズ登場!2021/6/21 正午より

2021/06/19

「何も知らない・既成概念がない」のがいい。

2021/06/18

一人でいい感じ?みんなでいい感じ?

カテゴリ

ブログ検索

月別アーカイブ