トップページ >  BLOG >  ガズレレはウクレレを教えているのか?!

GAZZLELE

ブログ

2015/05/29

ガズレレはウクレレを教えているのか?!

自分にとっては当たり前のことでも、他の人には当たり前ではないですよね。
  私にとっては、それは「音楽」でした。   いつも家にいるときは大抵ウクレレかギターを抱えていて、適当にその場の気分でポロポロ弾く時もあれば、大好きな曲を口ずさみ、自作のオリジナル曲を演奏する。ライブの予定がなくてもずっと音楽。   病気になって、長い入院生活を余儀なくされた時、楽器はなくて音は出せなくても、頭の中でその場の気分でポロポロ弾くのをイメージし、大好きな曲や自作のオリジナル曲を演奏していました。   この感覚がどれほど素晴らしいか?どれほど力になったか。   これはミュージシャンの方であればよくご存知だと思います。 いつでもどこでも音楽のことを考え、移動中もリズムをとったり、曲作りしたり、メロディーが思い浮かんだり、頭の中でイメージしたり。   そしてお客さんを目の前にし、ライブやステージに立って演奏し、拍手喝采を浴びたことがあるなら、もうやめられません。ステージジャンキーといいますか、もうあの感覚は人をトリコにしてしまう。   そして、たとえ聴く者がいなくても、たった一人で自分と向き合うためにも音楽はあり、その時間を楽しみ、時には助けられる。   私にとっては、ごく当たり前に一番近くにあって、頼もしくも支えてくれる、最高の音楽ライフスタイル。   しかし、多くの人がその感覚を味わったことがない? ということに気がつきました。 私にとっては当たり前のことでも、他の人には当たり前ではなかった。   こんな最高なお楽しみである「音楽」と、今まで距離があった人たち、関係なく過ごしてきた方々がたーくさんいらっしゃるのだということに気がついたのです。これは大発見!   こんな最高なことを、ミュージシャンだけのモノにしておくのは、もったいなさすぎる!   時代的にも、今まではお楽しみは誰かが与えてくれるようなものでしたが、ここ最近の流れで私が凄く感じるのは「自分で作る時代」だということ。   環境も、家も、未来も、生活も、街も、自分で作るのが良い。 「欲しい未来は自分の手で作ろう」大好きなgreenz.jpの鈴木菜央さんの言葉。業者に頼んでいた内装工事や発電することさえ、いまや楽しんでDIYする「自分で作る時代」に突入していると感じます。   やはり、音楽も同様なこと。不格好でも下手でも自分でやるのが楽しい。   私は、はたしてガズレレでウクレレを広めているのでしょうか?   一番簡単で一番小さく歌える楽器ウクレレを入り口にして、嬉しい時は嬉しい歌を、悲しいときは悲しい歌を自分で歌い奏でる。そんな音楽にあふれたライフスタイルを皆さんに知って欲しい。自分自身の手で。   今後も「自分で作る時代」は色々なジャンルで活発になって行くのだろうと感じます。   自由に、楽しく、ノンキに、音楽と一緒。     ありがとうございました。

記事一覧

最近の投稿

2019/03/20

富士山 を静岡から見るか? 山梨から見るか?

2019/03/19

全く新しい価値を、世に出すロマン

2019/03/18

知ってた?「安定」の本当の意味

カテゴリ

ブログ検索

月別アーカイブ