トップページ >  BLOG >  ながれる時間とティーンエイジャー

GAZZLELE

ブログ

2015/01/13

ながれる時間とティーンエイジャー

姉がいて子供が3人います。
  甥っ子です。   名古屋に住んでいるのでなかなか頻繁に会う機会はないのですが、会うたびにビックリするほど大きくなっています。   子供の成長は早いですのでぐんぐん大きくなります。   時間は平等に訪れているので、その子たちが成長した分の時間も私に同じように流れているのだなと感じます。   20歳の時に出会った人が、ある時ふと年齢を聞くと25歳!あれからもう5年?みたいなこともあると思います。   逆に、以前自分で作った曲を聴いていてふと気がつくと10年も前に作った曲だったんだと思うこともあります。   マイケルジャクソンのアルバム「スリラー」は33年も前の作品なのにいつも聴いているので自分の中では全く古くありません。   普段の生活に密接に触れていないものや、普段の生活であまり関係のないことはあっという間に時が過ぎ   身近で自分が気にかけていることは、その事と共に時間を歩いているのでびっくりするようなことはありませんよね。   成人の日を迎えた皆さん。   大人になってお酒が飲めるようになっておめでとうございます。   変な意味で「大人になる」のはやめましょう。   そんな日に私たちはどれだけティーンエイジャー感覚でいられているか?と考えるのも楽しいですね。   ありがとうございました。

記事一覧

最近の投稿

2020/12/01

誰も見てないよー聴いてないよー

2020/11/30

感情の行き先はありますか?

2020/11/29

とにかく口に出そうー!

カテゴリ

ブログ検索

月別アーカイブ