トップページ >  BLOG >  スモールライフとこころもち

GAZZLELE

ブログ

2015/01/09

スモールライフとこころもち

数年前にスモールハウスという言葉に出会い、小さな生活という価値観を知ってから私達夫婦の日常生活はさらに楽しいものになりました。
  憧れの「将来は大豪邸に住む」という漠然とした既成概念とはまるで逆。   スモールライフというのは余分なものは持たずに大好きなものだけに囲まれ   様々なものを自分で作り、小さな場所に寄り添って暮らすようなことです。   小学生の時に憧れた秘密基地に本当に住む感覚です。   スモールライフで最初に必要なのは無駄なものを捨てることです。   余分なものを削ぎ落としてシンプルに生きようということです。   実は私がウクレレを面白いと感じるのもこの感覚なのです。   音楽を極限まで削ぎ落とすとウクレレと歌になるからです。   電源がいらない和音が弾けるもっとも小さな楽器「ウクレレ」の伴奏で歌うこと。   コンパクトなウクレレと歌とコード、たったこれだけのシンプルさで壮大な世界を感じさせ、感じる。  その感覚に惹かれるのです。   使わなくても「いつか使うだろう」と何年も持っているものがありませんか。   それを置いておくのには場所が必要です。   そういうものが増えてくると使っていないものを置く場所を用意しなくてはならず、広い部屋に住む必要にせまられます。   つまり不用品のために広い場所に住んでいることになりかねないのです。   「いつか使うだろう」というものがあるのなら   今使ってみて良ければ、日々使うものになります。   今そんな気分ではないのなら、クローゼットに戻さず感謝して捨てるべきでしょう。   そもそも今使っていないのですから、これから先もやはり使わないでしょう。   今無いのなら、これから先も無いのです。   「いつかやるだろう」と似ていませんか。   ということは心の中も同じと言えるかもしれません。   「いつかやるだろう」という可能性だけを持っているだけで、心のスペースは大きくなっているように見えますが   「いつかやるだろう」は何もしていない状態です。   まず第一歩を踏み出して   やってみて面白いなら、これからは自分の中の大切な一つになり   面白くないなら「これは行動してみた結果自分には向かないこと」と分かります。   可能性を山ほど持っていたとしても   それをやってみて検証してみなければ、何もなしです。   可能性をいくら持っていても行動するまでは0ゼロです。   「自分はこういうことが出来るだろう」   「いつかやってみたい」   「やりたいけれど時間がない」   今無いのなら、これから先も無いのです。   心の中も、部屋の中も、綺麗に片付いて整理されていればシンプルになります。   どこに何があるかがすぐわかりますし、リラックスできて気持ちがいいです。   ありがとうございました。

記事一覧

最近の投稿

2019/03/20

富士山 を静岡から見るか? 山梨から見るか?

2019/03/19

全く新しい価値を、世に出すロマン

2019/03/18

知ってた?「安定」の本当の意味

カテゴリ

ブログ検索

月別アーカイブ