トップページ >  BLOG >  じゃましてるのは誰でしょう?

GAZZLELE

ブログ

2014/12/08

じゃましてるのは誰でしょう?

やりたいことをやろう!
  私がよく言っている言葉です。   今回のブログはその張本人である私ガズが   今、何をやりたいのかをここに3つ書きたいと思います。   ①ウクレレ=ガズレレを広げたい   大勢の様々な方々とウクレレを通してお知り合いになれて   逆にこちらが感動させて頂いたり上手になったり楽しい思いをさせて頂いております。   今考えているのは妊婦さんを対象にしたウクレレです。   よく胎教ということでクラシックなどをお腹の赤ちゃんに聴かせてあげるという話を聞きますが   ウクレレはいかがでしょうか??   ウクレレが胎教に良いと思われる理由とは   1、ウクレレはお腹に密着させて弾く。   小さなウクレレの優しいまろやかな響きがダイレクトに お腹に伝わります。   2、好きな歌を歌う   クラシックが好きな方は別として、胎教に良いという ことで馴染みのないクラシック音楽などを受け売りで 聴いたりするよりも、妊婦様ご自身が大好きな 青春の曲、元気が出る曲、   旦那様との思い出の曲を、妊婦様ご自身が優しく 歌うことで、まずご自身が両親がいい気持ちになり   その気持ちが心とともに お腹に伝わるのではないのでしょうか?   3、ウクレレは簡単   歌おうと思ってもピアノやギターを1から 習っていてはその奥の深さに逆にストレスに なりかねません。   すぐに簡単に弾けるウクレレだからこそ出来るのです。   歌を歌うための一番小さくて簡単な道具=ウクレレ   すごく小さくて音色も優しいウクレレをお腹に直接 当て響かせながら   ご自身の最愛の曲をお腹を使って歌い   優しくまだ見ぬ子へ聴かせてあげる。   成長したら、その曲のウクレレ&歌を子供に伝え コミュニケーションツールにする。   こんな素晴らしい胎教はいかがでしょうか?   出張で何処へでも伺いますよ!旦那様ご家族とご一緒に。   他にも   老人たちに向けたウクレレ、キッズたちに向けたウクレレ、病院での、老人ホームでの、etc…   ウクレレというのモノはすごく可能性ありまくりなのです!   そんなテンションのままzipで1分コーナーやるくらいのウクレレ界のスーパースター目指して参りたいと思っています。   皆様の力やアイデアをお貸しいただければ嬉しいです。   ②作曲家&プロデューサー   これは単純に私がスキルアップするのと、 この活動がより本格的に   より大きくなっていくようにみなさんのお力を お借りしながら邁進したいと思います。   アーティストと力を合わせて更にいいものを 作り出したいです。   ③充実した日常生活   東京に現在住んでおりますが   それ以外の場所にも拠点(小屋)を持ちたいのです。   そうするためにはどうすれば良いのかを あらゆる面から考えています。   とにかく毎日楽しく健康でワクワクしていたいのです。   とかく私たちは   世間体とか世間さまとかいうものに良いも悪いも晒されています。   日本では世間さまが結構大きな存在として君臨していると思います。   親が子に願う一般論としては、良い学校入って、良い会社に就職して   結婚して、子供を作って、家を建てて、、、   一昔前は世間さまが納得するのはこんな感じだったと思われます。   はたして本当に親の願いなのか世間さまへの体裁なのかよくわかりません。   大げさに言うなら一般のほとんどの日本人にとっての神様は「世間さま」かもしれません。   わかりやすく言えば何か困ったことがあった時に   何かしら信仰をお持ちの方は、自分の中にある「信じる存在」に相談し解決するでしょう。   しかしそうでない私を含めた大勢の方々は、世間さまにどう映るのか考えたり   他人に相談しているのかもしれません。   私が気がついたのは   実際にはありもしない「世間さま」という巨大なものを自分の中に自分自身で作り出して   それに対して恐れて嘆いているのではないのかという事です。   つまりは夢を阻んでいるのは自分自身かも知れないという事なのです。   何人かでランチに行こうとなったとします。   自分はカレーが食べたいと思っていたとしても、皆がラーメンだというような雰囲気になったら   カレーはまあひとまず置いておいてラーメンに行くのが我々   良いも悪いもありませんが世間に合わせているのが現実だと思います。   これは世間のなかで円滑に生活できるという素晴らしいメリットはありますが   自分のしたい事にフタをしているという一面もありますよね?   円滑に生活したいけれど   変な奴だって思われても「自分は自分だ」ということが分かっていれば   自分自身で閉めてしまったフタは開くと思います。   これがカレーやラーメンではなくもっと大きな人生の決断だったり夢だったりしたら   しっかり自分自身の事として自分で判断してくしかないのです。   他人=世間さまに知れるのは恥ずかしいけれど   自分のやりたいことや夢は変わらずに心の中にあるのであって   バカみたいだからそれを口にしなかったり   恥ずかしいから止めてしまったり   実際は存在しているのかどうかさえもわからない世間さまを相手にしてしても   気にしていても意味がないことです。   しかしその「世間さま」が考えを同じくするようなコミュニティーならば   お互い本心をさらけ出して語り合うことができるのであれば   そんな素晴らしい場所はないと思います。   しかしそうであっても最後に決断してくのは自分自身です。   自分の中にいる自分と相談するしかないのです。   生まれた時も死ぬ時も   あなたとあなたの中にいる自分たった一人しかいないのですから   もっと自分と語らって自分としっかり相談しながら   なりたい自分になっていきましょう。   ありがとうございました。

記事一覧

最近の投稿

2020/11/29

とにかく口に出そうー!

2020/11/28

本を買うときに「紙質」で選びますか?

2020/11/27

3ヶ月に一度の診察「秋編」

カテゴリ

ブログ検索

月別アーカイブ